logo
株式会社エムケイシステム
TECH BLOG

cpackを使ってdebian packageを作ってみる

1. 背景

arm向けのdebianpackageを自前で用意する必要があったので、debianpackageを作成してみた

2. 実施したコマンド

cd root
git clone https://github.com/RainerKuemmerle/g2o.git
cd g2o
sed -i -e 's/include(CPack)/SET(CPACK_PACKAGE_CONTACT "test@example.com")\nSET(CPACK_DEBIAN_PACKAGE_MAINTAINER "test")\ninclude(CPack)/g' ./CMakeLists.txt
mkdir ./build && cd ./build
cmake ..
make -j
make install
# create deb
cpack -G DEB -P g2o -C CPackConfig.cmake

3. 嵌りどころ

CPackConfig.cmake

CMakeLists.txt にて include(CPack) が記載されていなければ記載する必要がある cpackコマンドを実行する前に一度確認してみてください

SET(CPACK_PACKAGE_CONTACT "test@example.com")
SET(CPACK_DEBIAN_PACKAGE_MAINTAINER "test")

はCMakeLists.txtに設定可能だが include(CPack) より前に記載する必要があるので注意

include(CPack)がすでにCMakeLists.txtに記載されている時は下記の用に対応可能

sed -i -e 's/include(CPack)/SET(CPACK_PACKAGE_CONTACT "test@example.com")\nSET(CPACK_DEBIAN_PACKAGE_MAINTAINER "test")\ninclude(CPack)/g' ./CMakeLists.txt

弊社では、一緒に会社を面白くしてくれる仲間を募集しています。
お気軽にお問い合わせください!
採用ページへ >