logo
株式会社エムケイシステム
TECH BLOG

ここ2ヶ月くらいで嵌った話

ここ2ヶ月くらいで嵌った話

ここ2ヶ月くらいで嵌ったことで覚えてること

Azure Active Directory の削除を実施する

嵌りどころ

  • 公式ドキュメントを眺めてみても、ADが難しすぎてドキュメント内容にピンとくる感じがしない
  • ADが難しいのに加えて、画面の挙動もよくわからないので操作してみるしかないって状況が悲しい

実施したこと

1. 事前に削除すべき設定や項目を洗い出し対応しとく

  • Azureアカウント作成時に設定したADでないことを確認する
  • ディレクトリに所属するユーザ情報(AD作成後に作成したユーザ)を削除しとく
  • 連携するアプリケーションを何にもない状態にしとく(削除可能であれば削除するのが早い)
  • サブスクリプションの設定が何にもない状態にしとく

2. AD削除画面から削除する

  • 削除対象でないActiveDirecotryにログインする

    • ログインしたADが(default)って扱いになり、怖かったので削除対象でないADでログインした
    • ログイン中のADの削除が実施できるかは調べてない
  • ActiveDirectory > テナントの管理
  • ADの一覧リストが表示される + 対象のADにcheckを入れると削除の項目がactiveになる

view1

3. 個別に削除する必要であったが項目

  • LinkedInアプリケーション
  • エンタープライズアプリケーション

    • ユーザに表示されないアプリ・設定などがあったりするみたいで手動削除が必要だったと思われる
    • LinkedInアプリケーションを削除するとエンタープライズアプリケーションも合わせて更新される
  • Microsoft Azure サブスクリプション

    • セキュリティ関連の画面のSWがデフォルト: OFFのためONにする必要がある
    • ON実施後に、しばらく待ってるとステータスが更新される
  • 全ての項目のステータスがOK的なものになると削除ボタンがactiveになる

view2

参考URL

結論

  • Azure Acrtive Directoryを削除したいってなったら、強い心を持って削除作業を頑張りましょう

弊社では、一緒に会社を面白くしてくれる仲間を募集しています。
お気軽にお問い合わせください!
採用ページへ >